毛穴パックの正しい使い方

小鼻の毛穴ケア、頬の毛穴ケアなどに
「毛穴パック」を利用する方は多いと思います。

今日は毛穴パックの正しい使い方についてお伝えするよ!

スポンサードリンク


毛穴パックの正しい使い方

毛穴パックでは、毛穴に詰まった汚れや
角栓をとることができます。

毛穴パックを剥がすと
粘着シートにびっしりとつく角栓を目で確認できるため、
きれいになったという爽快感がありますね!

そのため、やみつきになってしまう人も少なくないと思います。

でも使い過ぎは、肌にとってはよくないですね。
頻繁に使い続けていると常に毛穴が開いている状態になるため、
皮脂、角質などが溜まりやすくなって
にきびなどをつくる原因になってしまうんです。

毛穴パックを使う場合は、使い方を正しく守って行わないと、逆効果です。
正しい使い方、注意点を知って、効果的な使い方をするようにしましょう!

毛穴パック1

毛穴パックの正しい使い方

・頬、小鼻周りなど毛穴パックをする部分に蒸しタオルをあてる。
・毛穴を開かせたら、タオルをとり、霧吹きなどでパックする部分にしっかりと水をつける。
・水が乾かないうちにすぐ毛穴パックを貼る。
・一定時間おく。
・静かに毛穴パックをはがす。
・パック剤をきれいに洗い流したあと、化粧水などでしっかりと保湿する。

蒸しタオルは、電子レンジで1分ほど
温めたものを数分あてておくといいですね。

毛穴パックには、シールになっていてはがすタイプのものと、
洗い流すタイプのもの、大きく分けて2種類あります。

敏感肌の人は、洗い流すタイプにしたほうが
肌に負担がかからないのでいいと思いますよ。

肌を傷つけると、ケアするどころか逆に
肌トラブルの原因を作ることになってしまう為
肌を傷つけないように毛穴パックして、やさしく洗い流すことが大切です。

そして洗顔後は、皮脂の除去された肌に化粧水、
乳液などを使ってたっぷりと水分補給をしてあげましょう!


スポンサードリンク

いかがでしたか?参考になれば幸いです。


もしも記事を読んで気に入ってもらえたら
下記のソーシャルボタンで共有をしていただけたらとっても嬉しいです。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

コメントを残す