スニーカーの歴史について

スポーツ用として、キャンバス地・ソールがゴムのシューズが1880年代頃から履かれるようになりました。
これがスニーカーの起源と言われています。

スポンサードリンク


現在ではハイテク・ローテクスニーカー等様々なスニーカーが各ブランドから発売され、スポーツのみならずファッションアイテムとしても履かれる様になりました。

特に最近ではレディーススニーカーがトレンドとなり、ハイカットスニーカーが特別人気が高いです。
スニーカーは1880年頃~1930年頃にかけて多数のブランドが創業され、開発販売が進みました。

この時期に現在ではオールスターで世間に知られているコンバースが誕生したり、リーボック・ニューバランス・プロケッズ・パトリック等が続々と登場しました。

後のプーマ・アディダス・NIKEとなるブランドもこの時期に誕生しています。

1970年代後半頃からスニーカーは世間のトレンドとなります。米国バスケットNBAのチームがスニーカーブランドを採用したのが契機となりました。

バスケットシューズと言えば、コンバースオールスターですよね。

かなりの数の選手がバスケットシューズを使う様になり、競技だけでなくそこで使われるスニーカーにも世間の注目が集まる様になりました。

その他にもNIKEのエア・ジョーダンシリーズ(マイケルジョーダンが使用していたシューズ)が一大トレンドとなり、このシリーズにプレミアが付いて入手困難にもなりました。高値で取引される事も多々ありました。

スニーカーの歴史はこのような流れを経て、現在に至っているのです。


スポンサードリンク

いかがでしたか?参考になれば幸いです。


もしも記事を読んで気に入ってもらえたら
下記のソーシャルボタンで共有をしていただけたらとっても嬉しいです。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

コメントを残す