キャンバス地のスニーカーの洗濯ってどうするの?

ハイカット・ローカット・スリッポン等、現在スニーカーにはたくさんのデザインがあります。

最近はレディーススニーカーにファッションとしての人気が集中し、コーディネートのポイントとして多くの人が活用しています。
そんな流行のスニーカーはキャンバス地のアイテムが多いですね。

キャンバス地は汚れが目立つので、日常的に洗ってキレイをキープしておく事でオシャレ指数がアップすると思います。

ではここで、スニーカーのベーシックな洗い方をご紹介しましょう。

スポンサードリンク


洗濯方法

キャンバス地のスニーカーは浸け置き洗いをするのが基本です。

スニーカーがしっかり浸かるサイズのバケツにぬるま湯・スニーカー用の洗剤(中性洗剤でもOK)を入れて30分程度浸けておきます。

この時のポイントは、紐・中敷きは外して一緒に浸け置きをする事です。より汚れが落ちやすくなります。

その次に、柄の長いスニーカー用ブラシ(または使い古しの歯ブラシ)でシューズ全体をしっかり洗います。

浸け置き時に水2リットルに対し重曹大さじ8杯程を入れて一晩浸けてから洗うと、防カビ対策にもなります。

最後に洗剤をきちんと洗い流し、しっかりと乾燥させます。
かかと部分が下になるように置き、必ず日陰で乾かしましょう。

日向で乾かしてしまうとゴムが劣化する可能性があるので要注意です。
洗濯機で1度軽く脱水をかけるのも素早く乾くので便利です。

以上の様に手で丁寧に洗う事がキャンバス地のスニーカーには重要となります。

適度なタイミングでスニーカーを洗うと、キレイなスニーカーが履けてとても気持ちの良い物です。是非実践してみてください。


スポンサードリンク

いかがでしたか?参考になれば幸いです。


もしも記事を読んで気に入ってもらえたら
下記のソーシャルボタンで共有をしていただけたらとっても嬉しいです。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

コメントを残す