おひとり様のすすめ!

ひとりぼっち、イコール、寂しいというイメージがあるけど、
大人になればなるほど、対して気にならなくなりますね。

休日の過ごし方を見ても、
何でもひとりでする方が増えているんだって。

食事や映画、買い物にもひとりで行く、カフェではひとりでまったり過ごす、
休日にはひとりで過ごす、そんなライフスタイルも多くなってきたの。

スポンサードリンク


おひとり様のすすめ

「おひとり様」という言葉も流行したけど、
ひとりで休日を過ごすことを特に気にしないし、
恥ずかしいことだと思わないという方も増えているんだって。

店舗では、一人様の専門店も表れましたし、
どこのお店でもひとりで食事をしている人を見かけるよね。

ラーメン店のカウンターが、ひとりひとり、
仕切りで区切られているところもあるくらい。

世の中の動きが、どんどん「ひとり用」になってきていることを
感じている方も多いと思うよ。

一人客が多くなっているということで、
店舗もそれを受け入れるために様変わりしてきたということだね。

ひとり焼肉、ひとりカラオケなど、
ひとりでの過ごし方も選択肢は無数にあるんです。

流行り言葉では、「リア充」という言葉も生まれ、
これは、友達や恋人などど楽しい時間を過ごし、
とても充実している、リアルに充実している、という意味なんだよ。

反対にひとりぼっちでいることを「ぼっち」と呼んで、
自虐的な意味で使う若者が増えているんだって。

大人は気にならない一人ぼっちの行動だけど、
子供たちはまだまだ友達といたいのでしょうね。

ひとりが好き

年齢が若いほど、ひとりぼっちが寂しい、
情けないというようなマイナスイメージに受け取っているんだって。

休日をひとりで過ごすことが多いという20代から40代の方、
男女100人にアンケートをとったところ、
「ひとりのほうが好き」という方が大半だったそうなんです。

そして、「ひとりぼっちがみじめだとは思わない」という方も、
大半でした!

私が若い頃などは、ひとりで食事をすることは
恥ずかしくてできなかったけど、

最近ではひとりカラオケもひとりラーメンも平気になったね!

映画などは返ってひとりのほうがいいくらい。
そうなると休日の過ごし方もかなりの選択肢が増えますね!

ひとりで寂しいとか、予定がなくて暇だなどと思わず、
どんどんひとりで出かけてみてはどうかな?

これは慣れもあるから、最初のころは、
カップルや友達同士のお客に囲まれてしまい、
ちょっと惨めな気持ちになるときもあるけど、慣れてしまえば楽しめるよ。

休日の過ごし方として、私は好きな本を片手に、
時には仕事のパソコンを持って、おしゃれなカフェめぐりを楽しんでいます♪

本を読んだり、パソコンをしたり、
ひとりで集中できることがあれば、他人は気にならないですね。

また、なかには、ひとりの方ばかりがいるカフェもあって、
返って話をすることが気後れするぐらいの静かな場所もあるよ。

そんな場所を見つけられたらラッキーだから、
そのカフェの常連になっておひとり様を満喫しよう(^∀^)


スポンサードリンク

いかがでしたか?参考になれば幸いです。


もしも記事を読んで気に入ってもらえたら
下記のソーシャルボタンで共有をしていただけたらとっても嬉しいです。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

コメントを残す