浴衣の際の足元について

彼氏と夏に花火大会デートをしようと思った時は、
何に気を付けたらいいのかな?

服装は浴衣にして、持ち物はこうしてと言う様に
服装や持ち物は結構気を使うと思います。

しかし花火大会デートをすると言う事は
長時間歩くと言う事でも有るから、

浴衣を着るんだったら、
足元に注意しないといけないね!

今日は浴衣を着た時の足元についてお伝えするよ!

スポンサードリンク


浴衣の際の足元

浴衣の場合は裸足に直接下駄を
履くと言うのがごく一般的ですよね。

でも履きなれていない下駄は長時間歩く事で
鼻緒の部分が足の甲にすれて痛くなってしまうんだ。

痛くなるだけなら良いんだけど、
擦れて皮が剥けてしまうと言う人も少なくないです。

だから、下駄を購入する際にはきちんと合わせて買うのが
良いいんだけど、実際に下駄を買う際に職人さんがいて、
自分に合う様に調節してくれると言うケースは少ないと思うの。

なので、何足か履いてみて自分に合いそうな物
選ぶことしか出来なくなってきますね。

その他では下駄の底だけど、
底の部分にゴムが張ってある様なサンダルタイプの物を買うと
浴衣や下駄初心者には良いと思うよ。

また、下駄を買う際にはサンダルやミュールと同じ様なサイズ感覚で
選ぶのが良いみたいで、

踵が少し下駄の台から出る様な感じの物を
選ぶと調度良いいですね。

但し足の甲の高さとの兼ね合いも有るから、
買う際には実際に履いてその辺を少し歩いてから
買う様にしてみてくださいね!

またどうしても鼻緒の部分が甲と合わないと言う場合は、
軽く引っ張って調節をしてみてね

鼻緒の結び目部分も固すぎると痛いから
触って揉み解してから履く様にするとだいぶ違うよ^^


スポンサードリンク

いかがでしたか?参考になれば幸いです。


もしも記事を読んで気に入ってもらえたら
下記のソーシャルボタンで共有をしていただけたらとっても嬉しいです。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

コメントを残す